“たぐり”の漢字の書き方と例文
語句割合
手繰100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「油断じゃないか。北ではまた、南のやつらを、あっといわせようなどと思って、ひっそり、手繰たぐりをつけていねえとも限らねえ」
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そんなにして坐っていて、わたしの顔を見ているその目付で、わたしの考えの糸を、丁度まゆから絹糸を引き出すように手繰たぐり出すのだわ。