“すずらん”の漢字の書き方と例文
カタカナ:スズラン
語句割合
鈴蘭100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日もよいお天気です。けれどもをとられた鈴蘭すずらんは、もう前のようにしゃりんしゃりんとを鳴らしませんでした。
貝の火 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
王子はこうの鈴蘭すずらんもとからチクチクして来る黄金色きんいろの光をまぶしそうに手でさえぎりながら、