“じゃくじょういん”の漢字の書き方と例文
語句割合
寂静印100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天の子供らは夢中になってはねあがりまっ寂静印の湖の岸硅砂の上をかけまわりました。そしていきなり私にぶっつかりびっくりしてびのきながら一人が空をしてびました。
インドラの網 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「マグノリアの木は寂静印です。ここはどこですか。」
マグノリアの木 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)