“じふのう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
十能50.0%
火斗50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二枚折の戸は開け放しになつてゐて、爐格子の中には勢よく火が燃え、い光で大理石の灰皿や眞鍮の火箸十能に輝き、紫の掛布や磨きをかけた家具類を照し出すのが見えた。
老人、子供、大抵の病人はもとより、手のあるものは火斗でも使ひたい程、畑の草田の草は猛烈に攻め寄する。
草とり (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)