“じだいさくご”の漢字の書き方と例文
語句割合
時代錯誤100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——今思えば、田舎いなかから槍一本持って出て、一国一城を夢みるなどということは、おかしいほど、時代錯誤じだいさくごな田舎者の世間知らずであった。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)