“しんれいやぐちのわたし”の漢字の書き方と例文
語句割合
神霊矢口渡100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
、まるで銀の針金を植えつけたようで、なんのことはない神霊矢口渡の頓兵衛を見るようであった。
桜林 (新字新仮名) / 小山清(著)
例の頓兵衛が出て来る「神霊矢口渡」は、豊竹新太夫座元で堺町の外記座にかかり、ちょうど今日が初日で、沸き返るような前景気。まず、ざっとこんなあんばい。
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)