“しんぎやう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
心経50.0%
心經50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まあ、お茶をのみなさい。わしが今その者のために心経を供養して進ぜよう。」
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
上被には蓮華と佛像とをき、裏面中央に「倣尊澄法親王筆」、右邊に「保午浴佛日呈壽阿上人蓮座」と題し、背面に心經の全文を寫し
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)