“しんきやうじつじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
真境実事100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のは人の声なり、ましてや春の鶯あるひは蛙、夏の蝉、秋の初雁、鹿、虫の、冬の水鵲をや。本編輴哥をきゝ春めきてうれしとは真境実事文客の至情なり、我是にじてこゝに数言く。
のは人の声なり、ましてや春の鶯あるひは蛙、夏の蝉、秋の初雁、鹿、虫の、冬の水鵲をや。本編輴哥をきゝ春めきてうれしとは真境実事文客の至情なり、我是にじてこゝに数言く。