“しんかんりゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
心貫流100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
心貫流丸目文之進だろう。イヤ、吉岡流祇園藤次だろう。なアに諸岡一羽なら慈音とちょうどいい勝負、などと衆人下馬評からして、この活気が立つ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
心貫流 丸目文之進伊達家
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)