“しろふくりん”の漢字の書き方と例文
語句割合
白覆輪100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天王寺の金堂では、大般若経転読がながれていた。この日、正成は先ごろの戦勝のお礼に、二頭の神馬と、白覆輪の太刀などを寺中へ納めていたのである。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白鞍置いた馬、白覆輪の太刀、それに鎧一領をえ、徒者数人に曳き持たせ、正成は天王寺へ参詣し、大般若経転読の布施として献じ、髯の白い老いた長老に会い、正成不肖の身をもって
赤坂城の謀略 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)