“しろちどり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白地鳥50.0%
白智鳥50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうじゃ、その汁の味は? それはこの島の名産の、臭梧桐と云う物じゃぞ。こちらのも食うて見るがい。これも名産の永良部鰻じゃ。あの皿にある白地鳥、——そうそう、あの焼き肉じゃ。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ここに八尋白智鳥になりて、天翔りて、濱に向きて飛びいでます。ここにその后たち御子たち、その小竹苅杙に、足切り破るれども、その痛みをも忘れて、哭きつつ追ひいでましき。