“しろかし”の漢字の書き方と例文
語句割合
白樫100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家の側面にある白樫の下には、蟻が、黒い長い一列になつて進軍して居るのであつた。彼等の或るものは大きな家宝である食糧をいで居た。
そして老女を白樫の森の入口に待たせて、自分一人森の中にはいってゆかれました。
お月様の唄 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)