“しらいしせんせい”の漢字の書き方と例文
語句割合
白石先生100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょうど、白石先生のところでいっしょに勉強している生徒に、諭吉よりももっとまずしい二人いました。その二人は、あんまを内職にして、勉強しているのでした。
白石先生のところでは、学問ばかりおしえるのかとおもっていたら、あんまのやりかたもおしえてくださるのかね。ああ、いい気持ちだ。諭吉のうでまえは、なかなかたいしたものだよ。」