“しようぎよ”の漢字の書き方と例文
語句割合
松魚100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
相手に選ばれたのは、門下生の田村松魚氏で、松魚氏は言ふ迄もなく、田村俊子女史の別れぬ前の御亭主である。
小説家の田村俊子は自分でも書いてゐる通り、主人の松魚はそつちのけに、よく他の男と散歩に出掛る。