“しょやく”の漢字の書き方と例文
語句割合
書役100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
町奉行所に報告すると、御用部屋に当座帳のようなものがあって、書役が取りあえずこれに書き留めて置くんです。その帳面を捕物帳といっていました
半七捕物帳:02 石灯籠 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
奉「ムヽ、それでは貸附金の証文の書役などを致して居ったのじゃな、して其の貸付金はじゃ」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)