“しょぶつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
諸仏100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おれは目がらみながら、仰向けにそこへ倒れてしもうた。おれの肉身に宿らせ給う、諸仏諸菩薩諸明王も、あれには驚かれたに相違ない。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
釈迦牟尼仏よ、三世十方諸仏菩薩よ。私がこれまで幾人かの人を殺し、あまたの物品を奪い、人の女房を盗み、人と喧嘩口論をして人をぶん撲った種々の大罪悪を此坂で確かに懺悔しました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)