“しょうべいげえ”の漢字の書き方と例文
語句割合
商売替100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
床へ来るとがいて、旦那どうして此方へ出ていらしったと云うと、商売替をする積りで、滅法界金を持って来て、迂濶り春見屋へ預けたと云うから、それはとんだ、むゝなに
助「なアに、当時はも損をして商売替をしべいと思って、唐物を買出しに来たゞが、馴染が少ないから横浜へ往ってとべい買出しをしべいと思って東京でも仕入れようと思って出て来た」