“しょうてんちょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
聖天町100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おとねさんという名をきくと、静枝は故郷の新潟花柳界を思いだした。静枝の踊の師匠は、市川の名取りで、九代目団十郎の妹のおさんという浅草聖天町にいた人の弟子だった。
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
秋原さんの世話で私は、浅草聖天町仲木という砂糖屋に奉公することとなった。