“しょうさんじょうどぶつしょうじゅぎょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
称讃浄土仏摂受経100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
横佩家の郎女が、称讃浄土仏摂受経を写しはじめたのも、其頃からであった。父の心づくしの贈り物の中で、一番、姫君の心をやかにしたのは、此新訳の阿弥陀経一巻であった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
郎女には、いつか小耳にんだ其話が、その後、何時までも消えて行かなかった。その頃ちょうど、称讃浄土仏摂受経を、千部写そうとの願をして居た時であった。其が、はかどらぬ。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)