“しょいばしご”の漢字の書き方と例文
語句割合
背負梯子100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人は少しあわて気味で、炭俵や糸革袋が結びつけられた背負梯子へ両手を突っ込んで、いま登り来るという武家の眼をのがれるもののように、の裏路を黄金沢の方へ切れてしまいます。
東京のまわりだけでは背負梯子といって、とくにの長いものが多い。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)