“しゆんどう”の漢字の書き方と例文
語句割合
蠢動100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も、瞳を見据ゑると——さうすると眉と眉との間が少し痛かつたが——其処には、小さな小さな一寸法師が居て、腰をかがめては蠢動しながら、せつせとその緑色を収穫して居るのであつた。
ひよめき、うごめく胎兒蠢動によりて
(旧字旧仮名) / アダ・ネグリ(著)