“しゅったつてん”の漢字の書き方と例文
語句割合
出立点100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
代助はこの迂遠うえんで、又もっとも困難の方法の出立点しゅったつてんから、程遠からぬ所で、蹉跌さてつしてしまった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
代助はすべての道徳の出立点しゅったつてんは社会的事実より外にないと信じていた。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)