“しゅしゅんすい”の漢字の書き方と例文
語句割合
朱舜水100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「久しぶりだなあ。朱舜水しゅしゅんすいの建碑式以来だろう」
歯車 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
それからしばらくして水戸という駅を通過し、これは明末の義臣朱舜水しゅしゅんすい先生の客死されたところ、Wandervogel の大先輩の悲壮の心事をしのび、少しく勇気を得て仙台に着いた。
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)