“しゅくとく”の漢字の書き方と例文
語句割合
淑徳100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうかと思うと持参金が欲しいような気分を打ち消して、なにあの令嬢の淑徳しゅくとくを慕うのさとすましきっています。
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「いいえ、先生じゃないけども、淑徳しゅくとく婦人会ふじんかいのときに招待して、演説をして頂いたの」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)