“しゅくず”の漢字の書き方と例文
語句割合
縮図100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
権門の往来は、そのまま人心の縮図しゅくずだった。勢力の争覇そうはをめぐる人間分布図といってもよい。——秀吉は来る客来る客を迎えつつそれを眺めた。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これが一家の零落した縮図しゅくずかと思うと、清三はたまらなく悲しかった。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)