“しゅが”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
主我50.0%
珠芽50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主我しゅがの念と共に意識の超過が、さらに美を殺した。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
それは主我しゅが的な傷がないからである。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
このユリの特徴とくちょう葉腋ようえき珠芽しゅがが生ずることである。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)