“しやくりやう”の漢字の書き方と例文
語句割合
酌量100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事情の相違、酌量しやくりやうの余地を全然無視した判決を彼等は呪つた。
逆徒 (新字旧仮名) / 平出修(著)
お紺と敬吉は主殺しで極刑に處せられ、お國は罪の疑はしい者といふ酌量しやくりやうで、江戸を追放され、それつきり行方不明になり、神山守は改めて久米野に婿入し、お玉と共に堅い商賣を始めました。