“しもづま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
下妻75.0%
下間25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
他は下妻の町、井上伊予守一万石。
平馬と鶯 (新字新仮名) / 林不忘(著)
枕元には、下間なにがしといふ信徒が見舞に持つてきた吉野の櫻が竹花生に揷してあつた。それとやはり一信徒が見舞にくれた鶯籠があつたが、その鶯は今朝放してやつたので、籠は空になつてゐた。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)