“しなお”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
為直50.0%
仕直25.0%
品夫25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今夜この場のお前の分別一つで、お前の一生の苦楽は定るのだから、宮さん、お前も自分の身が大事と思ふなら、又貫一が不便だと思つて、頼む! 頼むから、もう一度分別を為直してくれないか。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
師匠の手に渡ると、造作を仕直し充分に手入れを致しましたが、これらの費用一切を精算して七百円で上がりました。当時江戸の仏師の店としてはなかなか立派なものでありました。
向って右側の明るい窓は、この病院の薬局で、二段重ねの薬戸棚に囲まれた中央の調合台の前には、この家の養女として育って来た品夫が、白い看護婦服を着て、キチンと腰をかけていた。
復讐 (新字新仮名) / 夢野久作(著)