“しかが”の漢字の書き方と例文
語句割合
鹿狩100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最後の伯爵のガス排出の音からふざけ半分のホルンの一声が呼び出され、このラッパが鹿狩しかがりのラッパに転換して爽快そうかいな狩り場のシーンに推移するのである。
鹿狩しかがりに連れてこうか』と中根なかね叔父おじ突然だしぬけに言ったので僕はまごついた。『おもしろいぞ、連れて行こうか、』人のいい叔父はにこにこしながら勧めた。
鹿狩り (新字新仮名) / 国木田独歩(著)