“ざんまい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
三昧98.8%
三眛1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と口ずさみつつ、なんの執着もなく、晩年は仏門に入り名を自得と改めて、悠々自適の一生を、俳句三昧に送ったといわれています。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
お嬢様は毎日々々お念仏三昧で入らっしゃいますよ、今日は盆の事ですから、方々お参りにまいりまして、く帰るでございます
顔ばかりあり/\と見えた時は、新吉は怖い三眛、一生懸命無茶苦茶に鎌でちましたが、はずみとは云いながら、逃げに掛りましたお久の咽喉へ掛りましたから
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)