“さんじつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
三日100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
善「左様さ、三日さんじつだから至極宜しかろう、それだが隣からぐ来るのは変だろうから、何処へか𢌞って来るかえ」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
生活に幾分余裕があったのでもあろうが、お三日さんじつに——朔日ついたち、十五日、廿八日——門に立つ物乞おもらいも、大概顔がきまっていた。