“さんげき”の漢字の書き方と例文
語句割合
惨劇100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで勇少年は、前日ぜんじつ黄昏たそがれの日比谷公園でみた惨劇さんげきについて知っていることをすべて語った。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
第三の惨劇さんげきもコックの春吉の手で行われたが、それは鈴江への脅迫材料になると共に、又自分の重荷おもににもなってしまった。
電気看板の神経 (新字新仮名) / 海野十三(著)