“さっそう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
颯爽98.3%
刷掃0.9%
諷爽0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
エステルハツィの地方的存在にしかすぎなかったハイドンは、今は世界的の名声と人気を背負って、颯爽として舞台に立ったのである。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
黒いスカートに白のブラウスで、御出立も諷爽と東京へ。車中で加納さんにお逢いする。太宰さんのお顔が瞬間赤くなる。丸ビル内の喫茶店で三人談話。駅の前から別れ。