“ごきしょく”の漢字の書き方と例文
語句割合
御気色100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「やっ、五郎左に抜かれて、御気色ごきしょくを損じたに違いないぞ」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
奥様が御気色ごきしょくの悪い日には旦那様はそっと御部屋へ行って、恐々おずおず御傍へ寄りながら、「綾さん、どっか悪いのかい。こんな畳の上に寝転んでいて、風でも引いちゃ不可いけないじゃないか。そうしていないで、もらってはどうだね」と御聞きなさる。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)