“くわしやう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
火傷50.0%
誇尚50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「火に油そゝぐ者の火傷くわしやうは、我等の微力に救ふことは出来ませぬ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
是は何の誇尚くわしやうすべき事でもない。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)