“きよもとさんぱち”の漢字の書き方と例文
語句割合
清元三八100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其の頃数寄屋町にいた清元三八という幇間でございますが、幇間にも種々有りまして、野幇間もあれば吉原の大幇間もあります、町の幇間でも一寸品のいのもあれば、がら/\致して
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)