“きよしよく”の漢字の書き方と例文
語句割合
虚飾100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
血潮の汚れは拭き清めてあつたにしても、生前美しかつただけに『死』は一切のこび虚飾きよしよくとをかなぐり捨てさせ、血の氣を失つた顏は寧ろ蒼黒く引ゆがみ、あからさまな惡相が、斷末魔の苦惱にかき立てられて、見る者を思はずゾツとさせるのです。