“きようへん”の漢字の書き方と例文
語句割合
凶變100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
感じ禮物りて夫より路次ぐ程に日成ずして岡山にせしかば即日太守へ目見申付られ花事は一旦出家の望み有由にて出國致せし處兄喜内が凶變を聞心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)