“きょせいてんし”の漢字の書き方と例文
語句割合
虚靖天師100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで即日、大赦を発せられ、施薬施粥の小屋を辻々におき、なおまた、かくは、臣洪信を遠くにおつかわしあって、当山の虚靖天師に、病魔調伏の祈りを、おん頼みあった次第である。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)