“きゆうえき”の漢字の書き方と例文
語句割合
宮掖100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されど作者蒲松齢が、満洲朝廷にからざるの余り、牛鬼蛇神に託して、宮掖の隠微を諷したるは、往々本邦の読者の為に、看過せらるるのみなきに非ず。