“きゅうほん”の漢字の書き方と例文
語句割合
急奔100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その本流と可児川のするところ、急奔し衝突し、抱合し、反撥する余勢は、一旦、一大鉄城のごとく峭立し突出する黒褐の岩石層の絶壁に殺到し、遮断されて水は水とち、力は力と
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)