“きゅうふう”の漢字の書き方と例文
語句割合
旧風100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この時に当りて徳川家の一類に三河武士の旧風あらんには、伏見敗余江戸に帰るもさらに佐幕の諸藩に令して再挙り、再挙三拳ついにらざれば退て江戸城を守り
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)