“きゅうにんぶん”の漢字の書き方と例文
語句割合
給人分100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下等士族もまた給人分は知らぬことなれどもの一条は云々、とて、互にに疑うこともありることもありて、多年苦々しき有様なりしかども、天下一般、を守るのを重んじ
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)