“きゅうつうさんたん”の漢字の書き方と例文
語句割合
疚痛惨怛100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるに論者は一方においては冗官すべし、不急の土木を廃すべし、地税を減ずべしと疚痛惨怛、かのが歴山の野にによってみ、旻天に号哭したるがごとく嘆訴すれども
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)