“きゅうせつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
急設100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
崩れかかったような細い石造の階段がきていよいよ例のパチノ墓穴に入ると、そこには急設の電灯が、煌々と輝いて金貨散らばる洞窟の隅から隅までを照らし、棺桶の中の骸骨昨夜そのまま
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)