“きゅうこうじっせん”の漢字の書き方と例文
語句割合
躬行実践100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝夕一寸した話のにもその必要を語り、は演説には筆記に記しなどしてその方針に導き、又自分にも様々工風して躬行実践め、ます/\漢学が不信仰になりました。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)