“きゅうあし”の漢字の書き方と例文
語句割合
急足100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一行はは山水の奇勝を写真に撮り、或いはゆるゆる写生などをし、もう的剛力も余程遠くへ行っているだろうと思い、急足半里ばかりも進んでみると、剛力先生泰然自若と茶屋に腰打ち掛け
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)