“きやうちゆうかんくわくわん”の漢字の書き方と例文
語句割合
鏡中看花館100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから奥、東照宮境内の方へ向いた部屋々々家内のものの居所で、食事の時などに集まる広間には、鏡中看花館と云ふ匾額かつてゐる。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)