“きもだめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
胆試60.0%
肝試20.0%
膽試20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後、岐阜城へ招かれたとき、諸将と共に、饗膳を賜わったが、そのあとで信長が、例の酒興か、承知のうえで、村重の胆試しをしたものか、佩刀のさきに、饅頭を突き刺して
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お肝試しの会で安斉先生にほめられましたけれど、杉山君がバットやおトンカチのことを話すと困りますね」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「二人ゆけば二人のお肝試しさ。それは安斉先生もわかっている。僕はきみがゆけばゆくといったんだもの」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
町内の若い者が集まつて、夏の晩などは膽試しをやりますがね。